投稿

EGミーティングに向いている場所は?

イメージ
EGミーティングに向いている場所は?



「参加者みんなが思っていることを率直に話す」のがEGミーティングです。
でも、どうすれば本音が出やすい場になるのでしょうか?

そのポイントの一つは開催場所です。

会社で行う場合、まず普通に考えるのは会議室です。
でも、会議室には問題があります。

以前、ある会社の会議室でEGミーティングを開催したときのこと。
メンバーは若手の課長クラス。普段はよく話される人たちです。
ところが、そのときはなぜか最初から雰囲気が暗いのです。
「みなさん、どうされました?なんだか今日は暗い感じがしますけど…」
と私が言うと、一人の方が、
「この会議室には、イヤな思い出があるんですよ。
 前の事業部長がコワイ人だったんです。
毎週月曜の朝一番、この会議室に管理職が集められて、
 一人ずつ吊るしあげられてたんですよ。」
と話してくれたのです。

また、あるとき、別の会社で、
「すいません。今日は部屋がなくって…」と案内された部屋。
幅2メートル弱で長さが8メートルくらいの細長い部屋。
地下室のため、窓がなくて天井が低い。その上、照明が暗くて息苦しい。
まあ、しょうがないか…と思いながら始めたものの、
なかなか盛り上がらない。アイデアも出てこない。

本当の対話とは?

イメージ
最近「対話」という言葉をよく耳にするようになったと感じています。
SNS全盛の時代だからこそ、直接会って話をすることの大切さに気付く人が増えてきたからなのかもしれません。
でも「直接会って話す」ことだけが対話なのでしょうか?

先日お会いした某メーカーの管理職Aさんが、
「働き方改革で残業もさせられないのに、うちの会社でも1on1ミーティングが始まって大変ですよ。」
と嘆いていらっしゃいました。

「やり方とかを指導する研修はあったんですか?」と私が質問すると、
「人事からは2週間に1回、1時間の時間を取って面談室でやれ、と言われただけですけど。」
とのことでした。

「1on1ミーティング」も対話の一つです。
対話に必要なのは、人と時間と場所です。
だから人事の方がおっしゃるのは、そのとおりです。

でも、それだけでいいのでしょうか?
ここで少し実際の面談のケースを考えてみましょう。

<ケースA>

「聴く」と「聞く」と「訊く」の違いは?

イメージ
「人の話を聞くことが大切だ。」



よく耳にする言葉ですよね。
「耳にタコだよ、あたり前だ」といって聞き流す前に、
その意味について、少し考えてみましょう。

そもそも「聞く」とは何でしょうか?
私は、3つの「きく」があると思うのです。

まず、1つ目は「訊く」。
「駅はどっちの方向ですか?」と道を訊かれたときなど。
知っていれば、思い出す必要もなく、反射的に答えられます。
知らなければ「知りません」と答えるだけです。
訊く人も訊かれる人も、ほとんど頭をつかうことはありません。

2つ目は「聞く」。
「以前に同じトラブルってありました?」など。
相手の経験や専門知識などを教えてもらうことです。

人間の「幅」を広げるために

イメージ
人間が能力を高めるためのひとつの方法は、
知識を増やし、経験を積むことで、
前意識を深め、その面積を広げることです。

もうひとつの方法として、
前意識を横方向に広げることによって、
その面積を増やす方法もあります。

以前のブログで説明したように、
意識の三角形の横軸は考え方や価値観です。
前意識を広げる、ということは考え方や価値観を広げることです。

「私が正しい。これ以外に正解はない。」と思うのではなく、
「ひょっとすると、私が間違っているのかも?」
「この人の考え方も、一理あるよね。」
と思ってみることです。